BRM414西東京300km富士(22時スタート)

◎天気予報では週末は雨模様です。温度対策も含めて十分な対応を推奨します!

コース:町田~江の島~小田原~御殿場~沼津~芝川~ 都留~奥相模湖~町田

今年は参加する皆さんが快適に走れるように、3か所ほどルートの変更をしましたので、予め変更箇所の確認をしておいてください!天候に恵まれればずーっと富士山の笑顔を拝むことができる、西東京の定番中の定番コースです。

深夜の江の島、御殿場を駆け抜けて、明け方の刻一刻とその表情を変える富士山を、貴方はどの方向から望むのでしょうか? 時間・場所で気温が大きく変化するこの時期。ウェアや備品などの選択も重要なポイントです。

コースイラストが間に合いました!「AJ西東京の画伯」の都合により、更新はありませんとお伝えしてましたが、間に合いました!このイラスト見て是非イメージを膨らませてくださいね (^^)/

  • 夜のスタートですが、神奈川県内は交通量が多いため注意して走行してください。
ご注意
  • AJ規定では400km以上に必要な前照灯2灯ヘルメットの尾灯ですが、
    夜間スタートのため必須とします。不備の場合は出走できません。
  • 自転車に固定する尾灯(リアライト)は必ず点灯にしてください(点滅不可)。
  • 片瀬江ノ島駅入口Sでの有人チェックは、付近に暴走族が多く集まることから、近隣の コンビニを使った通過チェックにする予定です。

概要

  • 日時:2018年4月14日(土曜日)
  • スタート時間:22:00
  • 受付&スタート:淡嶋神社公園(東京都町田市根岸2-7)
  • ゴール地点:今野製作所 駐車場(東京都町田市根岸2-33-14)
  • 距離:300km
  • 制限時間:20時間

申込方法

  • 参加費:AJ会員・非会員とも2,000円
  • 申込方法:スポーツエントリーに限る
  • 募集期間:2018年1月14日21時~2018年3月31日
  • 定員:80名

参加要件

  • BRM対応賠償責任保険に加入の20歳以上で自己完結できるサイクリストであること。
  • BRM/AJ規定を熟読し、理解していること。

担当者・連絡先

  • 担当者:稲川 浩
  • 連絡先:AJ西東京問合せページ
  • 事前に郵送物はありません。
  • 当日必要となる同意書およびキューシートはこのページから取得して下さい。ブルベカードは当日配布します。

当日必要なもの

  • 署名・捺印を行った同意書
  • BRM/AJ規定に基づいた装備
    • 車検・装備品の検査を出走前に行います。装備不適格の場合、出走を認めません。
    • 「BRM規則」に示したBRM/AJ規定をよく読んでください。このぺージに直接書いていない規定を知らないというのは理由になりません。
ルート
【2018年のルートが決まりました】
【参考:2017年開催の情報です】
試走報告 (キューシートver-1を元にしています)
【参考:2017年開催の情報です】

当日のスケジュール

受付開始 21:00
ブリーフィング 21:30
車検 21:40
スタート 22:00~22:30
クローズ 翌日の18:00

DNF(リタイヤ)・事故発生

DNF・事故発生の場合は、AJ西東京スタッフへ必ず電話連絡をしてください。
(連絡電話番号はブルベカードに印刷してあります)

注意事項

  • 事前に、ご自身の乗られる自転車の整備点検をしっかり行ってから参加してください。  (ブレーキ、ワイヤー、変速機、空気圧、前照灯・尾灯…全てのライト 等々)
  • 雨天決行。積雪などの天候、自然災害によっては中止します
    中止の発表は当日、集合場所で行います。(このサイトでも告知します)
  • 主催者は荷物を預かります。(名前・住所を書いて預けてください。)
  • 車で来られる方は自分で駐車場を手配してください。
  • 今回は全て無人のPC(コンビニ)になります。PCのレシートを忘れずに持ち帰ってください。紛失した場合はゴールは無効となり、認定されません。
  • ブルべカードはフランス語で書かれていますので、記入の際は記入例を参照して下さい。
  • 以下の場合、完走とみなされません
    1. ブルべカードにスタートチェックが無い。
    2. PC(コンビニ)の到着時刻が、開閉時刻より早すぎる、または遅すぎる。
    3. PCの通過証明(レシート等)が足りない。
  • DNS(不参加)の場合はなるべく早めにご連絡ください。
  • DNF(途中リタイヤ)時は、必ずブルベカード記載のスタッフ電話番号に連絡してください。
  • あると良いものとして、緊急連絡先カードなどをブルべカードと一緒に携帯しておくことをお奨めします。                                                              (参考)シマノサイクルスポーツイベントHPの「緊急連絡先カード」

保存